企業のクラウド化が進む!企業がクラウドを導入するメリットとは?

2021-04-08

クラウド導入に関する、メリットデメリットを解説。

既に、沢山の企業が導入し始めているクラウドですが、サーバー運用担当者であれば「クラウドを利用したほうが良いのでは?」と気になる方もいるのではないでしょうか。企業にとって色々なメリットがあり、今後も導入が広がるサービスです。ここでは、企業がクラウドを利用している理由や利用メリットについてお伝えします。

企業のクラウド化の現状とは?企業の導入割合について

皆さんは、クラウドと聞いてどんなイメージを持っていますか?ネットで繫がっている大規模なデータセンターで管理された、多量のサーバー、ストレージ、稼働する様々なソフトを自在に利用出来る、そんな壮大なイメージを持っている方は多いのではないでしょうか? その一方で、SaaS形式でメール、グループウエア、各種業務アプリなどを活用している企業もいます。このように、多様性の高いクラウドになりますが、総務省の情報通信白書によると、近年クラウドを一部であっても利用している企業と言うのは約60%を占めており、年々クラウドシステムを導入する企業が増加しています。

特に、大企業になると、クラウド事業者提供のパブリッククラウドサービス、自社構築のプライベートクラウド、双方を組み合わせたハイブリッドクラウドなど、色々なクラウドサービス活用事例も多くあり、クラウド利用は現代社会において主流となってきています。その一方で、中小規模企業では、クラウドにはまだ縁深くない場合もあり、大企業でのクラウド導入に比べて少し立ち遅れているのが現状として挙げられます。

今後クラウドは更に導入が増えていく

現代のクラウドの波に中小企業が乗り切れない間にも、IT技術進歩はどんどん先へ進んでおり、クラウド利用が当たり前なことはもちろん、情報システム構築を行う際の第一候補として社会に浸透してきています。現代社会では、クラウドファーストの考え方が広がっており、クラウドバイデフォルト原則が打ち出されるようになっています。クラウドバイデフォルト原則の導入に関しては、政府の「政府情報システムにおけるクラウドサービスの利用にかかる基本方針」に示されており、これはクラウドの利用を第一候補に検討すると言う意味になります。

政府においても情報システムのクラウド化を検討する時代になっている為、企業もクラウドを検討して導入することは当然の流れとも言えますよね。また、製造業、流通、交通、情報通信など、多種多様な大手企業ではパブリッククラウドの導入が進んでおり、そのシステムメリットを活かしたビジネスが推進されてきています。

企業のクラウド化のメリット・デメリットとは?企業のクラウド化のメリットについて

導入・運用コストの削減に繫がる

クラウド化の大きな魅力には、社内での資産や保守体制が不要であることが挙げられます。具体的にどう言う意味かと言うと、クラウドが無かった時代には、システム導入する際に自社でサーバーへソフトをインストールして、利用や運用するオンプレミス型が一般的であった背景があります。ですが、社内にサーバーを設置する場合には、サーバーの購入と維持が負担になったり、資産管理もしていったりと、色々管理に手間や労力を要します。 また、運用していく為のシステム内容更新など、メンテナンスも欠かすことが出来ない為に、技術スキル者の配置も社内に必要です。その点、クラウドの場合は、資産や保守体制も不要になるので、管理負荷やコスト削減が期待出来ます。先ず、初期導入コストに関しては、自前のサーバー購入、システム開発、ソフト購入が不要なので、クラウドでは初期導入コスト削減が可能です。また、運用コストに関しても、オンプレミス型に比べて人件費などを抑えることが可能です

ネット環境があればサービス利用可能

クラウド利用では、ネット環境があれば場所を選ばずにサービス利用出来ることも魅力です。これは、クラウドの最大の特長で、利用している企業にも高く評価されています。昔を思い出してみると、当時の営業担当者と言うのは、オフィスに戻って来てから事務処理を行ったり、書類作成出来る時間は朝晩だけであったりと、会社のPCでしか情報を読むことが出来なかったので、昼間に対応することはできませんでしたよね。クライアントからは「メールしても返事が来ない。急な相談にも対応がない。」など、円滑に仕事を行うことが難しい現状でしたが、クラウドにすることでこのような事態も解決することが可能です。クラウド導入によって、会社に届いているメール確認、クライアント対応、外出先からの受発注手続き、資料送付など、社外から行えるようになり、また、経費精算や業務報告、在宅勤務の実現など、色々なことを可能にします。

最新セキュリティ環境を実現

クラウドを利用することで、安定的に運用していくことが出来る、可用性がアップする、情報漏洩対策が出来るなど、セキュリティの高さも特徴になります。クラウド上での管理は、「社外にデータやシステムを預けていので、セキュリティ面が不安」と感じている方もいるかと思います。ですが、実際の利用してみると、クラウドのセキュリティの高さが利用者から大きく評価されています。自社内設備の方がクラウドサービスよりも情報漏洩の不安が無いように思うかも知れませんが、常に最新セキュリティ環境の維持を担当者が行うので、相応のコストを要する為に企業には負荷がかかってきます。その点、クラウド利用では、大事なデータを設備が整っているサーバーやデータセンターで運用していくことが出来るので、最新ウイルス対策も施した対応で管理していける為、効率良く最新セキュリティ環境を得ることが可能です。しかし、しっかり管理していくには、信頼性の高いクラウドサービスを提供している会社の選定がポイントになります。

企業のクラウド化のデメリットも理解して検討する

先ず、クラウド化のデメリットには、セキュリティ対策や障害対応を委ねている点が挙げられます。クラウドと言うのは、セキュリティ対策や障害対応もサーバー提供会社に任せます。なので、インシデントが発生した場合には、自社のポリシーに合ったセキュリティ対策や障害対応を行っているサービス選択が大事になります。また、通常運用の安定性など、性能や利用実績に関しても確認をして、費用とのバランスが良いサービス導入がお勧めです。 また、長期的にはコスト高になるケースもあります。クラウドでは、月額従量課金制になっているので、サイトやシステムが大きくなったことで使用量増になると、料金も比例して高くなることがあり、長期的に見た場合に自社サーバー構築の方が低コストになるケースもあります。なので、定期的にサービスを見直すようにして、クラウドのコストメリットを見ることも大事なポイントです。

クラウドサービスの選び方のポイントとは?

サポート体制が充実している

サポート体制は、クラウドサービス選びでは必ず確認したいポイントです。導入前のサービス相談の有無、導入やシステム構築の依頼が可能か、運用時のエラーが発生など、このようなことが相談出来るか、これはチェック項目に挙げられます。サポート体制が整っている場合、クラウドに関して詳しくなくても安心して利用する事が出来るポイントになります。

データ容量を把握する

クラウドでは、ストレージのデータ容量は欠かせません。業務内容によって必要容量は異なるので、どの程度の容量が必要かの把握は大切です。例えば、テキストファイルを使用する、画像や動画を使用など、必要容量は目的や用途で大きく変わってきます。また、必要データ容量と言うのは、会社の規模が大きい程増えることが予想されますよね。今後、同サービスを使い続けて行けるようにするには、データ容量を増やすことが出来るタイプがお勧めです。

充実したサービス機能がある

クラウドサービスによって、それぞれに機能性は変わってきます。なので、業務の必要機能を兼ね備えているサービスの選定が大切です。特に、PCとスマホのどちらからでもサービス利用出来る機能はお勧めです。また、社外から利用するにあたり、場所やデバイスに制限が無いことや、汎用性の高い機能があると、業務効率化とセキュリティ強化も図ることが出来ます。クラウドを利用することは、会社の大事な情報をネット保管することになりです。その為、暗号化通信、IPアドレス制限、端末認証など、セキュリティ対策がしっかりあるかの確認も必要です。セキュリティ不十分であると、不正アクセスや情報漏洩リスクも高まるので、国際基準に則っているかは安全性の目安にもなります。

導入のトータルコストを考慮する

新たにクラウドを導入する際には、安価なサービスに飛びつきがちな傾向があります。コスト削減は重要なポイントになりますですが、一番重要なポイントと言うのは、サービスパフォーマンスとのバランスです。コストを抑えて十分な機能を利用することが出来ない場合、それはトータルコストを高くしてしまう要素に繋がることもあります。なので、気になるサービスを幾つか選定したら、実際に使用する機能のトータルコストを洗い出し、それぞれを比較してみるのが良いです。

まとめ

ここでは、企業はなぜクラウドを利用しているのか、企業のクラウド利用メリットについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?クラウドサービスと言うのは、その利便性の高さから近年大きくに普及が広がっています。導入費用がかかりそうなイメージですが、実際には初期費用を抑えることが出来き、企業側の負担軽減に繋がるなど色々なメリットがあります。効率的なビジネス展開をしていく為にも、早めにクラウドサービスへの切り替えを進めていきましょう。


GO-Globalについてはコチラをご覧ください