複雑な仕組みであきらめていた仮想化ソリューションが実現

教育現場の課題をクリアし、
(株)サスライト社製品SASTIKとGO-Globalの連携で教育現場の働き方改革を推進!

教育現場でのシンクライアント化の壁

教育委員会や学校で利用されている校務システムは、クライアント/サーバー型か表計算ソフトのアプリのようなスタンドアローン型のシステムがまだまだ多いのが現状です。教職員の現場では、課題が山済みでリモート作業などは難しく働き方改革は遅れているといえるでしょう。

教育現場の改革を行うため、アプリケーションをリモートからセキュアに利用する目的で仮想化ソリューションを検討される教育現場も増えています。しかし、以下の理由から検討の段階であきらめてしまう教育現場が多いのも実情です。

(1)システムが複雑で導入検討まで時間がかかる

(2)高コストなソリューションが多い

(3)リモートワークを行うのに適切なセキュリティーソリューションがない

なかなか手が出せなかった仮想化ソリューションが低コストで実現

セキュリティーを確保しながら、いつでもどこでも職務が遂行できるようなテレワーク環境がなかなか構築できない状況でしたが、株式会社サスライト社製品SASTIKとGO-Globalの連携によって、セキュリティーは確保しながら、スズキ校務システムのクラウド化がすぐに可能になります。

導入後素早く課題解決ができる

株式会社サスライト社製品SASTIKとGO-Globalの組み合わせソリューションは非常にシンプルなため構築に要する期間は他ソリューションと比べ段違いにスピーディに設定できました。そのため導入後すぐに業務に組み込むことができるので、現場の素早い課題解決に役立ちました。

全員分のライセンス購入は必要なし

GO-Globalは同時接続ライセンスでの課金が可能でした。 どういった事かというと、システムを同時に利用する人数分だけのライセンス購入でOKなんです。 使用頻度は、人によって違うので、全員分ライセンス購入する必要がなかったのはコストが大きく削減できとても助かりました

USB一つでシンクライアント化

SASTIKはUSBを挿せば利用中の端末がすぐにシンクライアントになります。これは、非常に優れたセキュリティーソリューションだと感じました。また、認証サーバーで認証を行わないと業務が行えない仕組みが実装されているので簡単ですが、セキュリティー面でも安心です 暗号化通信機能も標準実装されていますので専用のSSL-VPN装置を購入する必要がなくリモート接続が可能になりました。


株式会社サスライト社製品SASTIKとGO-Globalの画像イメージ



教育機関でのGO-Global導入のポイント

教育現場での課題を素早く解決

複雑なシステムは一切なし

セキュリティーは万全